やらないことを決めて、やりたいことをする時間を確保する

スポンサーリンク
店員やアルバイトの出勤スケジュールを表に書き込んでいる女性の店長のイラストです。 経済的自由への考え方
スポンサーリンク

時間は有限であり、大切な資源である

時間は有限です。誰しも24時間与えられており、その与えられた時間で私達は様々な活動をしています。時間という資源なしにはやりたいことはできません。

日常生活を過ごしているといつの間にか時間が有限であることを意識しなくなります。そのため、私達は時間というものは無限にあるように錯覚し、ダラダラと休日を過ごしたり、無駄な時間を過ごしたりすることがあります。例えば、何となく暇だからテレビを見たりとか目的もなくネットサーフィンをしていないでしょうか。

時間は有限であることを強く認識すべきです。特に社会人は仕事、家事、育児などで忙しいのでいくら時間があっても足りないと思います。

仕事、家事、育児に追われる中で、やりたいことをする時間を確保するために、やらないことを決めてしまいましょう。いままで何となくダラダラとやっていたことを思い切ってやらないと決めましょう。そうすれば、何となくダラダラ過ごしていた時間や無駄にしていた時間を別のことに充てることができます。つまり、やりたいことに時間を充てることができます。

やらないことを決めることは、やりたいことをやるのと同じくらい重要なことだと思います。やらないことを決めてやりたいことをやる時間を増やせば、人生楽しくなると思います。

端的に言えば、選択と集中ですね。

何をやらないか決める

やらないことを決めるといっても何をやらないかは人それぞれだと思います。私の場合は、

  • 買い物のために外出はしない
  • スマホでゲームやネットサーフィンをしない
  • テレビを見ない
  • 洗濯物は干さない、乾かさない(ドラム式洗濯機を活用する)
  • 夜遅くまで夜ふかししない
  • 寝る前にスマホを見ない
  • 二日酔いしない(深酒をしない)

やりたいことが何か考える

私にとってやりたいことは、

  • 子供と一緒に楽しく過ごす
  • お金の知識を増やす
  • 読書
  • 資産運用
  • 料理

特に子供と一緒に過ごせるのは貴重であり、大きくなるにつれ親から離れていってしまうので、今のうちにたくさん一緒に過ごしていきたいと思います。

やらないことを決めて、やりたいことをする時間を確保するのまとめ

時間は有限のため、常に無駄な時間を過ごさないという意識が重要です。

やらないことを決めて、それをやらなくなれば、それまでそれに使っていた時間を別のことに充てることができます。その時間を自分のやりたいことに充てれば、人生は充実し、毎日とても楽しく生きることができるようになると思います。

私自身もやらないことを決めて、やりたいことをする時間を確保するようにしています。私がいま一番やりたいことは子供と一緒に過ごすこと、お金を稼ぐために読書やお金の知識を増やすことです。

皆さんもスマホでネットゲームをする時間やテレビを見る時間をやめて、やりたいことをしてみてはいかがでしょうか。もちろん、ネットゲームやテレビを見ることがやりたいことであれば、その時間を削る必要はありません。その時は別のことをやらないようにすればいいだけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました