つみたてNISAのメリット・デメリット

スポンサーリンク
つみたてNISA 資産運用

おはようございます。

投資をするなら、つみたてNISAをぜひ活用しましょう。

スポンサーリンク

つみたてNISAとは

 つみたてNISAは、日本に住んでいる20歳以上の人なら誰でも利用でき、年40万円までの投資を上限に、投資開始から20年間の運用益が非課税となる定期積立タイプの少額投資非課税制度です。

 投資対象は、コストが低く長期保有に適していると金融庁が判断した投資信託です。年40万円の範囲内で複数の投資信託を選ぶことができ、途中で変更することも可能です。ただし、金融機関によって取り扱う投資信託の数には差があるのでそこだけ注意しましょう。

 つみたてNISAは、投資初心者でも投資を始めやすいと注目されており、長期・分散・積み立て・低コストという、安定した資産形成の原則をクリアしています。そのため、投資するならつみたてNISAはぜひ活用したいものです。

つみたてNISAのメリット

運用益がすべて非課税

 通常の証券口座を使った投資では、運用益に税金がかかりますが、つみたてNISAの口座で運用益がでた場合はすべて非課税となります。非課税投資枠は最大800万円分(1年あたり上限が40万円で、非課税期間は最長20年)です。

途中引き出しが可能

 積み立てた投資信託は、いつでも解約、引き出しが可能です。急にお金が必要になったときに、いつでも商品を解約して、現金化することが可能です。ただし、保有する投資商品を一旦売却しても売却分の非課税枠は復活しないことに注意しましょう。

投資先の商品が選びやすい

 金融庁が定めた基準をクリアした投資信託に限定されているため、投資対象がある程度絞り込まれているので商品が選びやすくなっています。

つみたてNISAのデメリット

1年の途中で売却した非課税枠の再利用ができない


 1年の途中で購入した投資商品を売却しても、売却分の非課税枠は復活しないため、非課税枠の再利用ができません。

損益通算・損失の繰越控除ができない


 つみたてNISA口座で保有している投資商品を売却して損失がでても、他の金融商品から得た利益と損益通算したり、損失を繰越控除したりすることはできません。

元本が保証されている訳ではない


 つみたてNISAの投資対象商品は、金融庁が定めた基準をクリアした商品に限定されていますが、元本割れを起こす可能性はあります。

つみたてNISAまとめ

以上のメリット・デメリットを踏まえて、つみたてNISAをやってみたい方は即行動することをおすすめします。資産形成するならつみたてNISAは活用したい制度です。長期・分散・積立・低コストと投資初心者に優しい制度ですので、コツコツと続けて資産形成に役立てたいものです。最後に、つみたてNISAでおすすめの投資信託をご紹介します。商品選びの参考になれば幸いです。

国際分散投資派へのおすすめ

〇楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)

〇eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

米国集中投資派へのおすすめ

〇楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)

〇eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

全ては経済的自由達成のために。

コメント

タイトルとURLをコピーしました