TOYOTA Walletから6gramへのチャージ停止と今後のオトクなチャージ方法

緊急時に電車の非常停止を行うために駅のホームに設置されている、非常停止ボタン(緊急停止ボタン)のイラストです。 支出を減らす
スポンサーリンク

TOYOTA Wallletから以下のお知らせがありました。

一部加盟店における決済利用停止のお知らせ

これまで、楽天カード→Kyash→TOYOTA Wallet→6gramにより2.7%還元が可能でしたが、2021年9月27日よりこのルートが封鎖されました。そのため、今後のオトクなチャージ方法についてご紹介したいと思います。

結論としては、おトクなチャージ方法は、エポスゴールドカード(JQカードエポスゴールド)から6gramへのチャージです。

スポンサーリンク

エポスゴールドカード(JQカードエポスゴールド)から6gramチャージ

以下の方法によりおトクなチャージが可能です。なお、エポスゴールドカード、JQカードエポスゴールドどちらもやり方は同じです。

・選べるポイントアップショップでmixiを選択(これにより、6gamチャージで1.5%還元になる)

・エポスゴールドカード(JQカードエポスゴールド)から6gramへチャージ

・チャージした6gramで支払う

上記に加え、エポスゴールドカード(JQカードエポスゴールド)を年間100万円利用すると10,000ポイントを獲得できます。6gramへのチャージで年間100万円利用できれば、還元率2.5%となります。

6ramは支払い方法が多彩

チャージした6gramでの支払い方法ですが、

・PayPay(バーチャルカードを紐づけ)

・QUICK Pay

・リアルカード利用

が可能です。また、バーチャルカードを利用してネットショッピングもできます。私自身は、リアルカードを発行しておらず、もっぱらPayPayとQUICK Payで利用してます。私の使い方だとこれだけで十分であり、リアルカードは現在のところ必要性を感じていません。

デメリットとして、PayPayでの支払いは6gramが本人認証サービス(3Dセキュア)に対応しておらず、決済可能額が過去30日間で5千円しか利用できない点です。しかし、6gramは今後、本人認証サービス(3Dセキュア)に対応予定とのことですので、このデメリットは解消されると思います。

※2021年夏頃に対応予定とのことでしたが、9月27日時点でまだ未対応です。

6gramのリアルカード発行は現在中止していますが、まだ発行されていない方は、PayPayやQUICK Payで使ってみて、これで十分だと感じれば、リアルカードは発行しなくてもいいと思います。

ちなみに、リアルカードの発行には発行手数料として800円(キャンペーンにより600円の場合あり)が必要です。

TOYOTA Walletから6gramへのチャージ利用停止と今後のオトクなチャージ方法のまとめ

今回は、エポスゴールドカード(JQカードエポスゴールド)から6gramへチャージで1.5%還元についてご紹介しました。

まだ、エポスゴールドカード(JQカードエポスゴールド)をお持ちでない方はエポス修行により年会費無料でエポスゴールドカード(JQカードエポスゴールド)を取得することができます。

私自身はJQカードエポスカードで修行中であり、インビテーションを頂けるよう現在、メインカードとして使用してます。

関連記事です。

iDやMastercardコンタクトレス決済を利用する方であればトヨタウォレット残高から支払い可能です。その場合は、還元率2.7%になります。

JQカードエポスのインビテーションまでの期間と金額について、その過程を記事にしています。9月は13万程利用しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました