【投信積立】楽天証券×楽天カード×楽天銀行がおススメです

スポンサーリンク
女性がガッツポーズを取って燃える心で決心をしたイラストです。 資産運用

おはようございます。

資産運用する上で投資信託を積み立てている方は多いと思います。

私自身は楽天証券×楽天カードクレジット決済でインデックスファンドを積み立てています。また、楽天銀行口座も保有しています。

SBI証券やマネックス証券でも投信積立は可能ですが、これから投信積立を考えている人には楽天証券×楽天カード×楽天銀行をおススメします。

一番のメリットは楽天証券で楽天カードクレジット決済すると投信購入額の1%楽天スーパーポイントが付与される点です。毎月の購入上限額は5万円ですので毎月最大500ポイントの楽天スーパーポイントをゲットできます。また、特定口座だけでなく、つみたてNISAも対象になっています。

楽天カードクレジット決済の上限額は毎月5万円、年間だと60万円になりますので、つみたてNISAで年間40万円分、特定口座で年間20万円分の投資信託を買い付けるといった使い方ができます。

楽天証券では楽天スーパーポイントを使ってポイント投資もできますので、毎月付与された500ポイントで新たに投資信託を購入することもできます。

さらに楽天銀行と楽天証券で口座連携(マネーブリッジ)をして、楽天銀行ハッピープログラムに登録すると、投資信託の残高10万円ごとに4ポイントたまるサービスもあります。楽天銀行は大手ネット銀行であり、取引によって楽天スーパーポイントが貯まりますのでオススメです。

また、楽天市場で買い物される方であれば、

・楽天カードの利用で+2倍

・楽天銀行で楽天カードの引き落とし設定で+1倍

・楽天証券でポイント投資をすると+1倍

の楽天スーパーポイントをゲットでき、楽天ユーザーにはとてもお得です。

このように楽天証券×楽天カード×楽天銀行は親和性が高いです。

楽天スーパーポイントは街中でも貯めやすいですし、楽天ペイを使ってコンビニなどでポイントを使うこともできます。

楽天スーパーポイントは資産運用として投資信託の購入費用にあてることもできますし、支出を抑えるために普段の買い物で使うこともできる使い勝手の良いポイントです。

これから投信積立をするなら楽天証券× 楽天カード×楽天銀行はとてもおススメです。

全ては経済的自由達成のために。

コメント

タイトルとURLをコピーしました