他人と同じ行動をするのは避けよう

スポンサーリンク
リクルートスーツを着てずらっと並ぶ就活生(新入社員)のイラストです。 経済的自由への考え方

おはようございます。

サラリーマンをしていると、出勤時間、お昼休み、退勤時間が決まっています。フレックスタイムなどは導入されましたが、大半の人は他の人と同じ時間帯で動くように規制されています。また、休みも土日祝日が休みで、夏休みや年末年始も多くの人が同じ時期にとっているのではないでしょうか。

私もそのような部署にいた経験があるので分かりますが、皆が同じような行動をするとその分、混雑が発生したり待ち時間が多くなったり、お金がいつもよりかかったりします。

例えば、お昼休みになると、食堂が混んでいたりコンビニで弁当を買うにも長蛇の列に並ばないといけなかったりした経験はあると思います。また年末の帰省ラッシュは混雑しており交通費も平日よりも割高に設定されてます。

私はそのような混雑や待ち時間、お金が普段よりもかかってしまうのを避けるためにできる限り大勢の人がする行動と同じことはしないようにしています。

例えば、年末年始は帰省することを避けて混んでない時期に帰省したり、初詣も三が日は行かずに5日くらいに行ったりしています。年末年始の帰省を避ければ割高な交通費を払わずにすみますし、混雑を避けることもできます。平日の帰省であれば交通費も抑えることができて空いていることが多いです。また、初詣に関しても三が日は混んでいることが多く、時間も普段よりも多くかかります。それが日を2日程あけるだけで混雑もなくなり、時間もそれほどかからずに初詣をすることができます。

このように、他人と同じ行動をするということはそれだけで、お金や時間が通常よりもかかる場合があります。どうしても他人と同じ行動をせざるを得ないという状況でなければ、他人とは違う行動をしてお金や時間を節約したり、節約したお金や時間を有効活用してみてはいかがでしょうか。

全ては経済的自由達成のために。

コメント

タイトルとURLをコピーしました