【初心者向け】所得税の基礎基本

スポンサーリンク
スポンサーリンク

所得税とは

所得とは、個人が1年間(1月1日から12月31日までの1年間)に得た収入から、これを得るためにかかった必要経費を差し引いた金額をいい、この所得に対してかかる税金を所得税といいます。所得収入の関係は以下のようになります。

所得=収入ー必要経費

所得税の計算の流れ

所得税の税額は以下の流れで計算します。

  1. 所得を10種類にわけ、それぞれの所得金額を計算する
  2. 各所得金額を合算して、総所得金額を計算する
  3. 総所得金額から所得控除(14種類)を差し引いて課税所得金額を計算する
  4. 課税所得金額に税率をかけて所得税額を計算する
  5. 所得税額から税額控除を差し引いて申告税額を計算する

1.所得を10種類にわけ、それぞれの所得を計算する

所得は10種類に分けられ、それぞれの所得金額を計算します。

  1. 利子所得 
  2. 配当所得 
  3. 不動産所得 
  4. 事業所得 
  5. 給与所得
  6. 退職所得 
  7. 山林所得 
  8. 譲渡所得 
  9. 一時所得 
  10. 雑所得

例えば、事業所得、給与所得、譲渡所得(株式)があればそれぞれの所得金額を計算します。

事業所得 = 総収入金額 − 必要経費 (青色申告特別控除は省略)

給与所得 = 給与収入 − 必要経費(給与所得控除)

譲渡所得(株式)= 総収入金額 − (取得費+譲渡費用)

2.各所得金額を合算して、総所得金額を計算する

上で計算した事業所得、給与所得、譲渡所得(株式)を合算して総所得金額を計算します。

ただし、譲渡所得(株式)については、分離課税のため他の所得と合算しません。また、損益通算ができる損失があればこちらも計算します。総合課税と分離課税については以下で説明します。

総所得金額  =  事業所得 + 給与所得 

※譲渡所得(株式)は分離課税のため総所得金額に含めない

※上の例では事業所得と給与所得を合算していますが他の所得があればそれも合算します

3.総所得金額から所得控除(14種類)を差し引いて課税所得金額を計算する

所得控除とは、税金を計算するときに、総所得金額から控除することができるもの(課税されないもの)をいいます。これらの所得控除を総所得金額から差し引きます。

課税所得金額 = 総所得金額 − 所得控除

4.課税所得金額に税率をかけて所得税額を計算する

課税所得金額に以下の税率を用いて所得税額を計算します。

所得税額 =  課税所得金額 × 税率

出典:国税庁ホームページ

5.所得税額から税額控除を差し引いて申告税額を計算する

所得税額から税額控除を差し引いて申告税額を計算します。

申告税額 = 所得税額 - 税額控除

税額控除の種類

  • 住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)
  • 配当控除
  • 外国税額控除

所得税のまとめ

申告税額を求めるまでの流れは以下のようになります。

事業所得や給与所得などを計算する

事業所得 = 総収入金額 ー 必要経費

給与所得 = 給与収入 ー 必要経費

②各所得金額を合算する

総所得金額 = 事業所得 + 給与所得 等

③総所得金額から所得控除(14種類)を差し引いて課税所得金額を計算する

課税所得金額 = 総所得金額 ー 所得控除

④課税所得金額に税率をかけて所得税額を計算する

所得税額 = 課税所得金額 × 税率

⑤所得税額から税額控除を差し引いて申告税額を計算する

申告税額 = 所得税額 - 税額控除

総合課税と分離課税

総合課税とは、それぞれの所得(事業所得や給与所得など)を合算して課税するやり方です。

分離課税とは、他の所得と分離して課税するやり方です。なお、分離課税には所得を得た人が自分で税額を申告するタイプの分離課税(申告分離課税)と所得から税額が天引きされるタイプの分離課税(源泉分離課税)があります。

総合課税の種類

利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、譲渡所得(土地、建物、株式の譲渡所得以外)、一時所得、雑所得

分離課税の種類

利子所得、退職所得、山林所得、譲渡所得(土地、建物、株式の譲渡所得)

コメント

タイトルとURLをコピーしました