【証券会社】楽天証券がおすすめ

スポンサーリンク
車の購入や、保険などの契約などでスーツの男性から説明を受けたり、相談をしているカップル(夫婦)のイラストです。 資産運用

おはようございます。

株式投資を始めるためには証券会社の口座開設をする必要があります。証券会社の中でもネット証券は手数料面で圧倒的な強みを持っており、個人投資家にとっては有力な選択肢になります。そのネット証券の中でも楽天証券はおすすめできる証券会社です。

スポンサーリンク

楽天証券をおすすめする理由

つみたてNISAで楽天カードを使って投資信託の購入ができる

楽天証券ではつみたてNISAで楽天カードを使って投資信託の購入が可能です。楽天カードでの購入は毎月5万円までとなっており、購入額の1%の楽天ポイントをゲットできます。

確定拠出年金idecoの手数料が安く、楽天VTや楽天VTIが購入できる

楽天証券は確定拠出年金iDeCoの運営管理手数料が無料です。これはSBI証券と並んで業界最安になります。これは月々の限度額が低い公務員や厚生年金加入者にとっては大きなメリットです。また、idecoで楽天VTや楽天VTIは楽天証券でしか購入できませんのでこの点も大きなメリットです。

 

楽天スーパポイントで投資ができる

楽天証券では楽天スーパーポイントを使って投資することができます。ポイント投資は国内株式と投資信託が対象です。楽天ポイントは貯めやすいポイントですので、貯めたポイントを投資に回してさらにお金を増やすことができます。ただし、ポイント投資は通常ポイントのみであり、期間限定ポイントは使えません。

米国ETF9銘柄の買付手数料が無料

楽天証券では、2020年1月6日より米国ETF9銘柄の買付手数料が無料になります。対象銘柄にはVT、VOO、VTIが含まれています。かの有名なウォーレン・バフェットも投資初心者にはVOOをおすすめしています。これらの優良ETFの買付手数料無料化は米国株投資家や米国ETFに長期投資をしている投資家にとっては大きなメリットです。

楽天証券のまとめ

楽天証券はつみたてNISA、ideco、米国ETFを使うのであれば、とてもメリットのある証券会社です。取引画面も見やすく使いやすいため初心者にもおすすめです。楽天証券はネット証券大手5社のうち口座数はSBI証券に次いで2位となっています。持っておいて損はない証券会社ですので、まだ楽天証券の口座を持っていない方は口座開設を検討されてみてはいかがでしょうか。

全ては経済的自由達成のために。

関連記事です。

投資信託の購入は楽天証券×楽天カード×楽天銀行がおススメです。

株式投資においては「S&P500連動インデックス・ファンドに投資して配当金を再投資」することが最適解の一つと言われています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました