【沖縄エリア】おすすめ電力会社はコレだ

電力自由化にともなって、電力会社を選んでいる女性イラストです。 支出を減らす
スポンサーリンク
スポンサーリンク

電力会社を比較しよう

電力自由化により沖縄でも徐々に電力会社の選択肢が増えてきました。以下のサイトでは電気料金の比較表が掲載されているので、参考にしてみてください。我が家では比較検討した結果、HTBエナジーとシン・エナジーが候補になりましたので両者を比較しました。

沖縄の電力会社の電気料金比較
沖縄電力エリアで選べる電力会社のランキング。電気料金を一覧表で比較できます。

HTBエナジーの料金プラン

シン・エナジーの料金プラン

両者の比較

結論としては、シン・エナジーの方がトータルで安くなります。

電力使用量単体で見れば、54kWh以上から317kWhまではHTBの方が安くなります。我が家の電力使用量は1ヶ月平均して300kWh以内ですので、HTBエナジーにしようかと思いましたが、、シン・エナジーには口座振替・クレジットカード割引55 円/ 月(税込)があり、それを考慮するとトータルではシン・エナジーの方が安くなりました。

例えば、下の図で電力使用量が300kWhであった場合、HTBエナジーの方が18円安いですが、シン・エナジーの口座振替・クレジットカード割引55 円/ 月(税込)を考慮すると、若干(37円)ですが、シン・エナジーの方が安くなります。

HTBエナジーの方が電気料金は安いが・・・おすすめはシン・エナジー

以上のように、私のおすすめはシン・エナジーです。シン・エナジーは解約手数料もかからず気軽に申し込むことができます。HTBエナジーは1年未満の解約で違約金2,200円が発生します。

また、シン・エナジーでは平日昼間に電気を使う家庭には【昼】生活フィットプランというお得なプランも用意されています。まだ、沖縄電力を使用している方はこの機会に一度電力会社を比較してみてはいかがでしょうか。一度、手続きすれば、その後はずっとお得になりますので、早めに行動すればするほどお得になりますよ。

※2021年1月31日までの期間限定ですが、年末年始ご紹介キャンペーンで3,000円分のAmazonギフト券をゲットできます。

年末年始紹介キャンペーン

ご紹介コード 070612

シン・エナジー

コメント

タイトルとURLをコピーしました