【ネット銀行】楽天銀行がおすすめ

スポンサーリンク
銀行やコンビニにある、ATM端末(現金自動預け払い機)を使っている女性のイラストです。 資産運用

おはようございます。

楽天銀行はネット銀行の中でも、とても人気のある銀行です。ネット銀行とは実店舗を置いていないインターネット上にある銀行です。実店舗のある銀行に比べて、手数料等が低いのが特徴です。

楽天銀行は普通に使っているだけで楽天ポイントがザクザク貯まっていきます。ATM無料回数や他行振込手数料も条件により無料になりお得に使うことができるのでおすすめです。

スポンサーリンク

楽天銀行のメリット

コンビニATMが24時間365日利用可能

セブン銀行、イオン銀行、ローソンATM、ファミマのEnetなどのコンビニATMを利用できます。

ATM手数料が最大7回まで無料

「ハッピープログラム」にエントリーすれば月最大7回まで入出金が無料になります。

他行振込手数料が最大3回まで無料

「ハッピープログラム」にエントリーして給与を楽天銀行で受け取れば他行振込手数料が3回無料になります。または、VIP、スーパーVIPであれば給与受け取りを楽天銀行にしていなくても他行振込手数料が3回無料になります。

還元率1%のデビットカードを発行できる

楽天銀行では年会費無料のデビットカードを発行できます。キャッシュカード機能+JCBまたはVISAの加盟店でショッピングが可能です。還元率は1%です。ブランドでJCBを選択した場合には「ANA JCB プリペイドカード」へのチャージもでき、チャージすることで1%の楽天スーパーポイントとチャージした「ANA JCB プリペイドカード」 利用でANAマイル0.5% or キャッシュバック0.5%どちらかが貯まります。つまり二重取りが可能です。

※ 「ANA JCB プリペイドカード」 のANAマイル0.5% or キャッシュバック0.5%は入会時に選択できます。

楽天銀行で楽天カードの引落をすると楽天市場で+1倍

楽天銀行で楽天カードの引落をすると楽天市場で+1倍になります。こちらは楽天市場で開催されているエントリー不要のキャンペーンSPU(スーパーポイントアッププログラム)の条件の一つです。付与される楽天ポイントの上限は15,000ポイントで、期間限定ポイントになります。

マネーブリッジで普通預金金利が0.1%になる

マネーブリッジとは楽天銀行と楽天証券の口座を連携させることで優遇金利や自動入出金機能などが利用可能になるサービスです。申し込みは無料です。このマネーブリッジに申し込むと楽天銀行の普通預金金利が0.1%になります。

楽天銀行のデメリット

実店舗での相談ができない

ネット銀行ですので実店舗がありません。対面での相談がしたい方には向きません。

残高が少ないとATM無料回数が少ない

会員ステージが低いとATM無料回数が少ないです。残高が50万未満ですとATM無料回数は1回だけです。

ATM無料回数を5回にするためには、『残高100万円以上または指定の取引20件以上』を満たしてVIP会員になる必要があります。

他行振込手数料の無料条件が厳しい

ATM無料回数と同じく会員ステージが低いと他行振込無料回数が少ないです。残高が50万未満だと他行振込手数料無料回数は1回のみです。

他行振込手数料無料回数を3回にするためには、『残高100万円以上または指定の取引20件以上』を満たしてVIP会員になる必要があります。その他に給与・賞与・公的年金を楽天銀行で受け取ると他行振込手数料が3回無料になります。

楽天銀行開設時の注意点

ハッピープログラムに申し込む

ハッピープログラムとは、無料登録するだけで様々な特典が付与される楽天銀行のサービスです。メインの特典として、振込手数料が最大月3回無料、ATM手数料が最大月7回無料になります。またATMの利用や他行口座からの振込、口座振替など取引によりポイントが貯まり。

楽天銀行のまとめ

楽天銀行は普通に使っているだけで楽天ポイントがザクザク貯まっていきます。ATM手数料と振込手数料の無料回数も多く、ATMが利用できるコンビニATMも豊富です。非常におすすめできるネット銀行ですので、まだネット銀行をお持ちでない方は口座開設を検討されてみてはいかがでしょうか。

全ては経済的自由達成のために。

コメント

タイトルとURLをコピーしました