【三井住友カード】ご利用金額20%還元(最大12,000円)キャンペーンを利用して支出を削減しよう

スポンサーリンク
一万円札 支出を減らす

おはようございます。

10月1日からキャッシュレス・ポイント還元事業が始まり、キャッシュレス決済を使用する頻度が増えた方も多いのではないでしょうか。

キャッシュレス決済には、クレジットカード、デビットカード、電子マネー、スマートフォンのアプリを使ったスマホ決済等があります。

その中で今回ご紹介したいのが、三井住友カードが発行するクレジットカードのキャンペーンです。 現在、三井住友カードでは魅力的なキャンペーンを実施しています。なんと、三井住友カードを新規発行してVpassアプリへログイン後、利用するだけで利用金額の20%が後日キャッシュバックされます。

スポンサーリンク

三井住友カードのキャンペーン内容

  • カード利用額の20%還元(最大12,000円)
  • 対象カードでの買い物が50分の1の確率で全額タダに(上限10万円)
  • 有料カードが期間限定で『年会費永年無料』

三井住友カードのキャンペーン参加条件

  1. キャンペーン期間中に、新規に対象のクレジットカードに入会
  2. カード入会月の2ヵ月後末までに、Vpassスマホアプリへログイン
  3. カード入会月の2ヵ月後末までに、クレジットカードまたはiDでお買物利用

※すでに対象のカードをお持ちの場合、あるいは(現在、対象カードをお持ちでない場合であっても)2019年3月1日以降に対象カードに新規で発行した履歴があり、その後退会あるいは会員資格が停止されている場合はキャンペーンの対象外

Vpassスマホアプリログインとカード利用期間

入会日(カード発行日)が2020年2月中であれば、2020年4月末まで

入会日(カード発行日)が2020年3月中であれば、2020年5月末まで

入会日(カード発行日)が2020年4月中であれば、2020年6月末まで

キャッシュバック金額

最大12,000円

キャッシュバック時期

カード利用月+2カ月後末までに

詳細はこちらをご覧ください。 本キャンペーン以外にもApple PayまたはGoogle PayのiDを新規設定で2000円分のiD利用代金がタダになるキャンペーンが2月29日まで開催されています。このキャンペーンも併用すれば合計14,000円分お得になります。まだ三井住友カードをお持ちでない方は新規発行してみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介したキャンペーンを利用すれば、かなりの支出削減ができると思います。私自身も既に新規発行して現在利用しています。

三井住友カードは、クレジットカードですので利用できる範囲がスマホ決済と比べ、とても広いです。また、iDも使えますので電子マネーとしても使えます。スマホ決済のキャンペーンは利用範囲が限られており、還元率も低くなっています。

三井住友カードのキャンペーンであれば、参加条件も達成しやすく、利用できるお店もかなり多いですので、無駄遣いすることなく家計の支出を抑えることができます。

消費税が10%になり家計にとっては負担が増えていますが、今回ご紹介したお得なキャンペーンを利用して家計の負担を軽減していきましょう。

全ては経済的自由達成のために。

関連記事です。

MUFGカード、NICOSカードでも同様に20%還元キャンペーンが行われています。こちらは最大10,000円がキャッシュバックされます。

イオンカードセレクトではカード利用代金の最大15%ポイント還元キャンペーンが行われています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました