『マイナポイント』マイナンバーカードで25%還元1人あたり最大5000円分

スポンサーリンク
ICカードを使った電子マネー決済で買い物をしている女性のイラストです。 支出を減らす

おはようございます。

消費税引き上げに伴いマイナスの影響を緩和できるよう『マイナポイント』が付与される予定です。付与される仕組みとしては、マイナンバーカードとスマホ決済などのキャッシュレス決済を連動させてマイナンバーカードを持っている人がチャージすると国が上乗せ分のポイント(マイナポイント)を付与するようです。

2020年7月から申し込みができるようになり、2020年9月からマイナポイントの付与がされる予定です。

スポンサーリンク

マイナポイントとは

マイナポイントとは、マイナンバーカード所有者でキャッシュレス決済に一定額を前払いした人に対して国が上乗せして付与するポイントです。

マイナポイントの対象者

対象となるのは、マイナンバーカードを取得してマイキーIDを設定した人です。

マイナポイントの利用について

  1. 決済サービスを選択してマイナポイントの申し込み(2020年7月から)
  2. 電子マネーやスマホ決済へのチャージによるマイナポイントの付与(2020年9月から)
  3. 買い物に活用(2020年9月から)

マイキーIDの登録方法

  1. スマートフォンで「マイナポイントアプリ」を検索し、アプリをダウンロード  ※Androidは別途「JPKI利用者ソフト」のインストールも必要
  2. 「マイナポイント」アプリを起動し、「マイキーIDの発行」をタップしてマイナンバーカードをスマートフォンで読み取る。
  3. 4桁の暗証番号を入力します。                           ※マイナンバーカード取得時に設定した「利用者証明用電子証明書暗証番号(4ケタ)」です。今後、簡単に設定できるアプリがリリースされる予定です。
  4. 「マイキーID」が自動で生成される。「マイキーID」は、8桁(半角大文字英数字)で後から変更することも可能。

25%のマイナポイントをゲットするためにはマイナンバーカードが必要

現在行われているキャッシュレス・還元事業は令和元年10月~令和2年6月30日までで2%~5%のポイントが還元されています。マイナポイントの還元率は25%が有力ですので、とても魅力的です。

このマイナポイントをゲットするためには、マイナンバーカードの保有が必須です。制度開始が近づくと、マイナンバーカードの交付申請が混み合うことが予想されますので、まだマイナンバーカードをお持ちでない方は早めに申請してみてはいかがでしょうか。

全ては経済的自由達成のために。

コメント

タイトルとURLをコピーしました