固定費節約とその他のおすすめ節約術

コストカット(経費削減)をするお侍さんのイラストです。 支出を減らす
スポンサーリンク

節約は固定費の見直しから行うことで大きな効果を発揮します。固定費の見直しができたら、ふるさと納税やクレジットカードの利用、スマホ決済などこれなら自分にもできるというものを実践していけば、だんだんと節約の効果が実感できるようになると思います。

これから節約をしてみたいと思っている方は以下でできそうなものからやってみてください。何か一つでも実践できれば、節約することができます。全てをやる必要はありません。自分のできる範囲でできることをやれば結果はついてきます。

一番ダメなのは行動しないことです。これなら実践できそうと思えるものが一つでもあれば即行動をおすすめします。

スポンサーリンク

固定費の節約が重要

私は固定費の削減を重視してます。なぜなら固定費は毎月必ず発生するものなので、この金額を減らすことができればその月以降は、手間なく長期的に節約することが可能だからです。

私の考える固定費は、

・家賃

・電気、水道、ガス

・通信費

・保険(自動車保険、生命保険)

です。

これらの固定費の中で、我が家で行っている節約は、家賃、電気、水道、通信費、保険(自動車保険、生命保険)です。

家賃

家賃は、言うまでもありませんが、支出に占める割合が大きいです。ここをどれだけ削減できるかで毎月の貯金額も変わってくると思います。そのため、できるだけ安いところに住めるのであればそこを選択する方がいいのは間違いありません。

実家に住めるのであれば、実家に住まわせてもらったり、シェアハウスしたり、社宅の利用によって家賃を節約することが可能です。

電気

電力自由化により電力会社も自由に選ぶことができるようになりました。インターネットで電力会社の比較ができるので、それを利用して一番お得な電力会社へ乗り換えましょう。

手続きも簡単でインターネットで完結しますので簡単です。沖縄にお住まいの方は以下の記事を参考にしてみてください。

水道

我が家では節水シャワーヘッドを使用して水道代の節約をしています。

通信費

格安SIMを利用して通信費を節約しましょう。大手キャリアからahamoなどのプランがでていますが、 それよりもmineo+楽天モバイルのコンボがお得です。

この組み合わせなら月額1,265円でデータ通信(最大1.5Mbps)が使い放題で電話も楽天Linkアプリで通話かけ放題です。

また、あまりデータ通信をしないという方や月額料金にこだわる方ならIIJMIO+楽天モバイルのコンボもおすすめです。この組み合わせだと月額440円で高速データ通信2GBと楽天Linkアプリで通話かけ放題です。

保険(自動車保険、生命保険)

自動車保険は、車両保険なしにすることで保険料を節約できます。生命保険は掛け捨てにすることで節約することができます。保険は複雑な商品は選ばず、シンプルで分かりやすい商品が良いと思います。

変動費の節約はそこまでしなくてもよい

基本的に変動費の節約はあまり意識していません。

私の考える変動費は、

・食費

・日用品

・交際費

・医療費

・教育費

などです。これらの支出は節約すると日々の満足度の低下にも繋がるので、簡単で効果のありそうなことだけに絞って節約を心がけてます。

例えば、

・食費はまとめ買い

・交際費に関しては、無駄な飲み会には行かない、飲み会に行っても二次会には参加しない

・医療費は、病気になってから行くよりも予防に重点をおく

などです。

その他の節約術

ふるさと納税の活用

ふるさと納税は大変お得です。所得税を納めていて、まだふるさと納税をしたことがない方は、楽天ふるさと納税でやってみることをおすすめします。

ネット銀行の利用(楽天銀行、住信SBIネット銀行がおすすめ)

ネット銀行は、ATM手数料と振込手数料を一定回数無料で行うことができます。これにより手数料の節約が可能です。また、不測の事態に備え、メガバンクも一行保有しておくことをおすすめします。

クレジットカードの利用(JQ CARD エポスゴールドがおすすめ)

クレジットカードの利用でポイントを貯め、そのポイントを利用することで節約することができます。

スマホ決済の利用(トヨタウォレット、PayPay、au PAYなど)

トヨタウォレットを利用すれば、還元率2.7%が可能です。特にこだわりがなければスマホ決済をおすすめします。

以上、参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました