家事の時間を減らして浮いた時間を有効活用しよう

スポンサーリンク
料理をするお母さん、洗濯をするお父さん、掃除をする娘、食器洗いをする息子が仲良く並んでいるイラストです。 経済的自由への考え方

おはようございます。

日常生活において家事は毎日やらなければならないものです。

家事といえば、洗濯、掃除、食器洗い、料理等があります。毎日行うものですから、積み重なればかなりの時間を家事労働にあてることになります。

この家事労働を家電製品にやってもらい、これまで家事にあてていた時間を本を読んだり、投資の勉強をしたり、家族団らんの時間に使ったりして有効活用してみてはいかがでしょうか。

例えば、食器洗いは多くの家庭で毎日行われていると思います。この食器洗いは、家族構成にもよると思いますが、我が家では一回につきおよそ20分程度かかります。

朝、昼、夜と三回行うと一日で1時間を食器洗いにあてています。これが1年になれば365時間となってしまいます。

これを食器洗い乾燥機を購入して家電製品にやって貰えば、1年で365時間節約できることになります。

※厳密に言えば、食洗機を導入してもそれを動かすための準備等で少し時間が必要です。

食洗機は高価なものですが、それにより時間の節約ができますので購入する価値はあると思います。

実際、我が家でも食洗機を購入しました。食洗機は水道工事が必要な製品が多いですが、我が家が購入した物は水道工事がいらないタイプのものです。実際に使ってみますと、やはり買って良かったです。使った食器を食洗機内に入れて水を給水して洗剤を投入して、後はボタンを押すだけとラクラクです。

以上の動作は5分程度で行なえますので、1回で15分、1日で45分、1年で273時間の節約になります。

これだけの時間の節約ができますので、まだ食洗機を持っていない方は一度購入して時間の節約をしてみてはいかがでしょうか。

節約した時間を投資の勉強にあてたり、自分のやりたいことに使うことができますよ。

全ては経済的自由達成のために。

私が購入した食洗器です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました