【改悪】楽天カードで公共料金支払いのポイント還元率が0.2%へ

スポンサーリンク
水道代、電気代、ガス代など、光熱費(公共料金)の請求書のイラストです。 クレジットカード

楽天カードは2021年6月1日から公共料金等の利用分における楽天カード利用獲得ポイントの進呈条件を変更することを発表しました。

公共料金等の楽天カード利用獲得ポイントに関するご案内

スポンサーリンク

変更の対象

  • 公共料金(電気、ガス、水道)
  • 税金(国税、都道府県税など)
  • 国民年金保険料
  • Yahoo!公金支払い

楽天ポイント進呈条件

【変更前】
100円ご利用につき1ポイント
【変更後】
500円ご利用につき1ポイント(還元率0.2%)

今後も楽天カードをメインカードとして使うべきか

楽天カードをメインカードにしている方も多いと思います。私も楽天カードをメインカードにしており、今回の改悪で他のクレジットカードへ乗り換えるか検討しました。

しかし、他のクレジットカードと比較してもやはり楽天カードを上回るカードは見つかりませんでした。そのため、今後も楽天カードをメインカードとして引き続き使っていこうと考えてます。

ただし、公共料金や税金の支払いには別のクレジットカードをサブカードとして利用していく予定です。

公共料金支払いで楽天カードから切り替えるならどの代替カードがいいか

代替カードとしての条件は、

・年会費無料

・還元率1%

・ポイントの使いやすさ

などです。これらの条件で調べたところ、以下の3つのクレジットカードに絞りました。

Visa LINE Payクレジットカード

Booking.comカード

Orico Card THE POINT

これらの中で、私はVisa LINE Payクレジットカードをサブカードにすることにしました。理由は

・還元率2%(2021年5月から)

・年会費初年度無料(翌年度以降も1回の利用で無料)

・Line Payでクレジットカード決済できる

以上、代替カード選びで迷っている方の参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました