【改悪】Kyash Card還元率が0.2%へ。今後の対応方法

スポンサーリンク
時代劇などに登場する着物姿の悪徳商人のイラストです。 クレジットカード
スポンサーリンク

クレジットカード連携によるKyash Card利用での還元率が0.2%へ改悪

入金機能のサービス仕様および決済時ポイント還元率の一部変更についてにあるようにクレジットカード連携によるKyash Card利用での還元率が0.2%に大幅に引き下げられます。

これまでは、楽天カードなどの高還元クレジットカードと紐付けてKyash Cardで決済すれば合計で2%の還元率となりお得なカードでした。しかし、2021年2月10日よりクレジットカード連携によるKyash Card利用での還元率が0.2%に改悪されてしまうので、Kyash Cardの魅力が薄れてしまいました。この記事では今後の対応方法について考えてみたいと思います。

今後の対応方法(Kyash Cardから他のクレカへ変更することをおすすめ)

・Kyash Cardに銀行口座を登録して使用する

・クレジットカードと紐付けてKyash Cardを引き続き利用する

・他のクレジットカードをメインカードにする

上記の方法について考えてみたいと思います。結論としては、Kyash Cardは今後も改悪の可能性があるので、他のクレジットカードをメインカードにすることをおすすめします。

・Kyash Cardに銀行口座を登録して使用する

今回の改定では銀行口座からのチャージ分は還元率1%で上限1,200ポイントまで付与されるので、クレジットカードを紐付けて使用していない方であればこの方法でも良いかもしれません。この使い方であれば、決済、送金、出金ができますので便利です。

しかし、楽天カード等の還元率1%のクレジットカードを紐付けて使用していた方にとっては還元率がアップするわけではないし、使用用途も主に決済で使用していたと思いますので、あえてクレジットカードから銀行口座に変更してまで使うメリットはないと思います。

・クレジットカードと紐付けてKyash Cardを引き続き利用する

Kyash Cardの還元率が0.2%に下がるとはいえ、クレジットカードとの紐付けで合計1.2%の還元率になりますので、引き続き利用することも可能です。この場合は、Kyashポイントの月間上限が100ポイントですので、月々5万円までなら合計還元率1.2%を実現できます。

注意点としては、Kyashポイントの算出方法が1回の決済ごとに 算出されますので、2/10以降のカードリンク機能による決済では1回につき500円以上でなければ、Kyashポイントは還元されません。

・他のクレジットカードをメインカードにする

Kyash Cardの魅力はクレジットカードと紐付けて利用することで合計還元率2%になることでした。その魅力が薄れたいま、このタイミングで他のクレジットカードに乗り換えるのが個人的には一番良い方法だと思います。Kyash Cardを引き続き利用していたら、いつかまた今回のような改悪がされる可能性があります。

au payプリペイドカード等の他のプリペイドカードへ変更する方法もありますが、条件が厳しかったりチャージに手数料が発生したりと万人向けではないため、おすすめしていません。

メインカードになりうるクレジットカードを探していたところ、おすすめのクレジットカードを見つけましたので以下でご紹介します。

おすすめのクレジットカード

エポスゴールドカード

  • 還元率0.5%
  • 年会費5,000円(年50万円以上の利用で次年度以降永年無料
  • インビテーションからの申込みで永年無料
  • エポスゴールドカード利用で貯まるポイント(エポスポイント)は有効期限なし
  • 1エポスポイントは1円相当の価値
  • エポスポイントはエポスVisaプリペイドカードへのチャージ、Amazonギフト券、dポイント等と等価交換できる
  • ボーナスポイント制度あり(50万円以上で2500ポイント、100万円以上で1万ポイント)
  • tsumiki証券で、エポスゴールドカードを使って毎月5万円までの積立投資が可能
  • tsumiki証券の投資信託にエポスポイントを使って投資できる
  • よく利用する店舗や公共料金を3つ選べて、その還元率が1.5%になる「選べるポイントアップショップ」

エポスゴールドカードをおすすめする理由

エポスゴールドカードは、通常還元率0.5%ですが、年間利用額に対するボーナスポイントが優秀で、50万円以上を利用すると2,500ポイント、100万円以上を利用すると10,000ポイントを獲得でき、通常の0.5%のポイントを合わせると、最大還元率は1.5%になります。

また、よく利用する店舗や公共料金を3つ選べて、その還元率が1.5%になる「選べるポイントアップショップ」にはモバイルスイカがあり、仮に年間100万円をエポスゴールドカードからモバイルスイカにチャージして使用した場合、還元率が1.5%になるので、15,000エポスポイントを獲得できます。

さらに、年間100万円利用しているので年間ボーナスとして10,000エポスポイントを獲得できます。つまり、100万円の利用で合計25,000エポスポイントを獲得でき、還元率としては驚異の2.5%となります。

年会費が5,000円というのがネックですが、この年会費を支払わずにエポスゴールドカードをゲットする方法があります。それは、インビテーションから申し込む方法です。エポスカードという年会費無料のカードを発行して年50万円ほど利用すればインビテーションが届くそうです。私も現在、このインビテーションのためにエポスカードを利用しています。

Kyash Card改悪に対する対応まとめ

今回の改悪によってKyash Cardの魅力はほぼ無くなってしまいました。改悪されたとはいえ、クレジットカード単体で使うよりKyash Cardに紐づけて使う方が若干まだお得に使うことはできます。

しかし、今後も更に改悪される可能性があること、Kyash Cardは一部店舗で使えない場所があること等を考えると、この機会にスパッと見限ってしまってもいいと思います。

この機会にKyash Cardをやめてメインカードを見直してみてはいかがでしょうか。

全ては経済的自由のために。

コメント

タイトルとURLをコピーしました