銀行口座はネット銀行とメガバンクの両方を保有して使い分けよう

スポンサーリンク
岩手銀行(盛岡銀行)本店として使われていたレンガ造りの建物のイラストです。 資産運用

社会人であれば銀行口座を複数持っていると思います。

銀行口座のおすすめの使い方は、ネット銀行とメガバンクの両方を持ち、それぞれのメリットを活かして使い分けることです。これができれば、無駄な手数料を払うことなく、利便性を享受し、何かあったときに対面取引ができるなど便利に銀行口座を活用できると思います。

スポンサーリンク

ネット銀行とメガバンクのそれぞれのメリット

ネット銀行のメリットは以下のとおりです。

  • 振込手数料が一定回数無料
  • ATM手数料が一定回数無料
  • スマホ一つで振込やATMを利用できるネット銀行がある
  • 普通預金金利がメガバンクと比べて高金利

以上のように利便性や無駄な手数料を払わなくてすむ点でメガバンクより優れています。

一方、メガバンクの良さは以下のとおりです。

  • 実店舗があり、対面取引ができる

メガバンクは多くの実店舗を持っており、過去の実績も十分あり信頼できます。災害や通信障害でネットや電話が繋がらないなど何か不測の事態が起きた時、ネット銀行ではどうしようもありませんが、メガバンクであれば、実店舗があるので対応してもらうことが可能です。

ネット銀行(楽天銀行、住信SBIネット銀行)のおすすめ

ネット銀行は、以下がおすすめです。

・楽天銀行

・住信SBIネット銀行

この2行を持っていければ、振込手数料やATM手数料を払うことなく普段使いとして活用することができます。

少し話がそれますが、楽天銀行は楽天証券、住信SBIネット銀行はSBI証券と相性がいいので、楽天銀行と住信SBIネット銀行を持つ場合にはそれぞれの証券会社もあわせて持つことをおすすめします。

メガバンクは三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行です。メガバンクをおすすめしていますが、私自身はメガバンクは持っておらず、ゆうちょ銀行を保有してます。私の住む地域では、メガバンクよりもゆうちょ銀行の方が実店舗が多く、全国どこにでもあるので、私にとってはこれで十分であることからメガバンクは保有していません。

私は楽天銀行、住信SBIネット銀行をメインとして使っています。これらのネット銀行で振込手数料やATM手数料を節約しつつ、連携する各証券会社で資産運用でお金を増やしてます。

また災害など不測の事態が起きて現金が必要になったり、オンラインシステムに障害が起こったとき等には実店舗のあるゆうちょ銀行で対面取引を行える体制にしています。

それぞれの銀行口座を使い分けよう

ネット銀行は、楽天銀行と住信SBIネット銀行、対面取引が行える銀行として、ゆうちょ銀行を保有するとします。そして、これらの口座を以下のように使い分けて活用しましょう。

ネット銀行  → 生活用口座、投資資金口座

ゆうちょ銀行 → 貯金口座

そして、毎月のお金の流れを以下のように決めます。

  1. 毎月の給与振込先をネット銀行にする
  2. 振込まれた給与の1割をゆうちょ銀行へ貯金
  3. 残りの給与で毎月生活する
  4. 月末に余ったお金は、投資へ回す(楽天証券やSBI証券で投資信託を買ったり、株高の場合は投資資金口座へ移動する)

毎月これを続けることができれば、いつの間にか貯金は貯まっていき、家計を黒字にしつつ、月末には余ったお金を投資に回すことができるようになり、貯金と資産運用額が増えていくと思います。

私自身はネット銀行とゆうちょ銀行を以下のとおり使い分けています。

楽天銀行      → 生活用口座(公共料金引落先、クレカ代金引落先、給与振込口座等)

住信SBIネット銀行  → 投資資金口座(投資用資金で暴落や調整局面時に活用予定)

ゆうちょ銀行    → 貯金口座(生活防衛資金として生活費2年分程度を貯金)

※楽天銀行は投資資金口座としても活用してます

銀行口座はネット銀行とメガバンクの両方を保有して使い分けようのまとめ

ネット銀行とメガバンクの両方を持ち、無駄な手数料を払うことなく、利便性を享受し、何かあったときに対面取引ができるようにネット銀行とメガバンクを保有してみてはいかがでしょうか。

また、保有する銀行口座を使い分けることで、お金を貯めて、資産運用する仕組みを作ることも可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました