資産運用

資産運用

銀行口座はネット銀行とメガバンクの両方を保有して使い分けよう

銀行口座のおすすめの使い方は、ネット銀行とメガバンクの両方を持ち、それぞれのメリットを活かして使い分けることです。これができれば、無駄な手数料を払うことなく、利便性を享受し、何かあったときに対面取引ができるなど便利に銀行口座を活用できると思います。
資産運用

【資産公開】目標資産額5,000万円

私の現在の目標は、年間の不労所得(資産評価額✕3%)>年間生活費です。私は4%ルールを参考にしつつ、より安全性を高めるために取崩し率3%にしました。我が家の生活費は年間150万円程度ですので、この生活費を取崩し率3%で賄うためにはおよそ5,000万円が必要になります。したがって、当ブログでは資産評価額5,000万円を目指してインデックス投資をコツコツ積み立てていきます。
資産運用

【投信積立額の1.5%のVポイントが貯まるキャンペーン】SBI証券と三井住友カードがクレジットカード決済による投信積立サービスを2021年6月30日に開始

2021年6月30日からSBI証券にて三井住友カードのクレジットカード決済による投信積立サービスが開始される予定です。サービス開始にあわせて投信積立額の1.5%のVポイントが貯まるキャンペーンも開催されるのでご紹介します。
収入を増やす

【2021年版】つみたてNISAおすすめ投資信託3選

つみたてNISAは資産運用するならぜひ活用したい制度です。このつみたてNISAでどの投資信託を選ぶか迷った場合には以下の中から好みで選べば問題ないと思います。eMAXIS Slim米国株式(S&P500)、楽天・全米株式インデックス・ファンド、eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
資産運用

【2020年版】つみたてNISAおすすめ投資信託3選

つみたてNISAは資産運用するならぜひ活用したい制度です。このつみたてNISAでどの投資信託を選ぶか迷った場合には以下の中から好みで選べば問題ないと思います。eMAXIS Slim米国株式(S&P500)、楽天・全米株式インデックス・ファンド、eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
資産運用

【ネット銀行】楽天銀行がおすすめ

楽天銀行はネット銀行の中でも、とても人気のある銀行です。楽天銀行は普通に使っているだけで楽天ポイントがザクザク貯まっていきます。ATM無料回数や他行振込手数料も条件により無料になりお得に使うことができるのでおすすめです。
資産運用

2024年から新しいNISAが始まります

令和2年度の税制改正大綱が発表されました。税制改正大綱とはざっくり言えば、翌年度以降の税制改正についてまとめた文書で毎年12月に発表されます。令和2年度の税制改正大綱ではNISAとつみたてNISAの改正が盛り込まれました。
資産運用

【証券会社】楽天証券がおすすめ

株式投資を始めるためには証券会社の口座開設をする必要があります。証券会社の中でもネット証券は手数料面で圧倒的な強みを持っており、個人投資家にとっては有力な選択肢になります。そのネット証券の中でも楽天証券はおすすめできる証券会社です。
資産運用

【投信積立】楽天証券×楽天カード×楽天銀行がおススメです

SBI証券やマネックス証券でも投信積立は可能ですが、これから投信積立を考えている人には楽天証券×楽天カード×楽天銀行をおススメします。一番のメリットは楽天証券で楽天カードクレジット決済すると投信購入額の1%楽天スーパーポイントが付与される点です。
資産運用

【IPO投資】おすすめ証券会社5選

IPO投資を始めた頃は15社くらい口座を開設してIPOを申し込んでいました。それから3年程度、各証券会社を使用した中で私がおすすめできる証券口座をご紹介します。結論から申し上げますと、以下の5つの証券会社となります。
タイトルとURLをコピーしました