経済的自由への考え方

経済的自由への考え方

やらないことを決めて、やりたいことをする時間を確保する

時間は有限です。誰しも24時間与えられており、その与えられた時間で私達は様々な活動をしています。時間という資源なしにはやりたいことはできません。日常生活を過ごしているといつの間にか時間が有限であることを意識しなくなります。そのため、私達は時間というものは無限にあるように錯覚し、ダラダラと休日を過ごしたり、無駄な時間を過ごしたりすることがあります。
経済的自由への考え方

経済的自由達成のためにやるべきこと

経済的自由達成のためには何をやるべきでしょうか。私自身は収入を増やし、支出を減らし、資産運用をすることだと考えています。これらすべてをやることで経済的自由を達成できると思っていますが、その中でも一番重要なのが、収入を増やすことだと思います。
経済的自由への考え方

時短家電やネットスーパーを利用して家事時間を減らし自由な時間を生み出そう

家事は毎日やらなければならず、必ず時間を使います。その家事に費やす時間を減らして自由な時間を生み出すことができる時短家電やネットスーパーをご紹介します。時間はとても大事な資源です。やらなければならない事をする時間を減らして、自分のやりたいことに時間を使いましょう。そうすれば人生はとても有意義で楽しくなると思います。
経済的自由への考え方

【4%ルール】【経済的自由、fire、セミリタイア】インデックス投資出口戦略

4%ルールとは、年間支出の25倍の資産を築けば、年利4%の運用益で生活費をまかなえるという考え方です。この4%ルールは経済的自由達成、fireやセミリタイアするために参考になると思います。4%ルールには定額取崩しと定率取崩しがありますのでそれぞれご紹介します。
経済的自由への考え方

アーリーリタイア後の社会保険料について

私は経済的自由を達成するための指標として、不労所得>生活費を使っています。ただし、生活費には社会保険料が含まれていません。そこで、本日はアーリーリタイア後の社会保険料について試算してみて生活費(社会保険料含む)の金額を算出してみたいと思います。
経済的自由への考え方

他人と同じ行動をするのは避けよう

他人と同じ行動をするということはそれだけで、お金や時間が通常よりもかかる場合があります。どうしても他人と同じ行動をせざるを得ないという状況でなければ、他人とは違う行動をしてお金や時間を節約したり、節約したお金や時間を有効活用してみてはいかがでしょうか。
経済的自由への考え方

家事の時間を減らして浮いた時間を有効活用しよう

日常生活において家事は毎日やらなければならないものです。この家事労働を家電製品にやってもらい、これまで家事にあてていた時間を本を読んだり、投資の勉強をしたり、家族団らんの時間に使ったりして有効活用してみてはいかがでしょうか。
経済的自由への考え方

飲み会へ行く回数を減らしてその分のお金と時間を有効活用しよう

サラリーマンをしていると飲み会の誘いというのは多かれ少なかれあると思います。私が新入社員だった頃は、社会人の飲み会がどういうものなのか経験したいという考えもあり結構参加していました。一度の飲み会で使うお金と時間というのは結構馬鹿になりません。
経済的自由への考え方

『行動すること』の重要性

現代はスマートフォンの普及に伴い、一般の人がスマホを使って何時でも、何処でも、好きなときにインターネットにアクセスできる便利な時代になりました。そんな便利な時代では情報がたくさん溢れており、自分の知りたい情報にすぐにアクセスできるようになりました。
経済的自由への考え方

お金持ちになる方法

お金持ちになる方法で、誰でも実行すれば、ほぼ再現できるものはあるのでしょうか。結論から言いますと、以下を継続して実行できれば可能です。収入を増やしてお金を貯める。支出を減らしてお金を貯める。貯めたお金で資産運用をしてお金を増やす
タイトルとURLをコピーしました