【2021年版】つみたてNISAおすすめ投資信託3選

スポンサーリンク
おすすめ 収入を増やす

つみたてNISAは2018年からスタートした「長期・分散・積立」ができる非課税制度です。投資初心者が安定的に資産形成する上で活用したい制度と言えます。このつみたてNISAでどの投資信託を選ぶか迷った場合には以下の中から好みで選べば問題ないと思います。

スポンサーリンク

つみたてNISAおすすめ投資信託3選

  1. eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  2. 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  3. eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

ざっくり米国ETFで言えば、1はSPY・IVV・VOOであり、 2はVTIであり、 3はVTとなります。

米国株集中投資か国際分散投資か

米国株集中投資であればeMAXIS Slim米国株式(S&P500)か楽天・全米株式インデックス・ファンドです。国際分散投資ならeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)ということになります。一般的には投資の王道は国際分散投資です。

ただ、米国株というのは世界平均よりもリターンが高く、多国籍企業も多いため米国株だけで充分だという考えもあり米国株集中投資を選ぶ人もいます。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)か楽天・全米株式インデックス・ファンド のどちらが良いか

米国株集中投資でも eMAXIS Slim米国株式(S&P500)か楽天・全米株式インデックス・ファンド のどちらが良いか話題になることがあります。結論としては、ほぼ差はないのでこちらも好みで選んで問題ないです。連動する指数の比較において長期チャートでみるとVTIがSPY、IVV、VOOよりも上回っています。

未来は誰にも分かりませんので自分自身の納得のいく商品を選べばいいと思います。迷ってしまう人は全部買ってしまうというのも一つの手かもしれません。

私自身はつみたてNISAで eMAXIS Slim米国株式(S&P500)と楽天・全米株式インデックス・ファンド を半分ずつ積み立てていましたが、現在は、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)一本を積み立てています。

投信ブロガーが選ぶFund of the Year 2020が発表されました

投信ブロガーが選ぶFund of the Yearとは自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。こちらも参考になりますので興味がある人はご覧ください。

ちなみに、この投信ブロガーが選ぶFund of the Yearでは「国際分散投資・低信託報酬・インデックス」の投資信託が上位になる傾向があると思われます。

全ては経済的自由達成のため。

投信ブロガーが選ぶFund of the Year 2020

コメント

タイトルとURLをコピーしました